あんしん売却。

Acoustic Revive(アコースティックリバイブ)のスピーカースタンドには、ロングセラーのRSSシリーズがあります。
RSSシリーズは、航空機レベルのアルミ合金や黄銅、スチールといった異なる金属素材を使い、硬度を少しづつ上げるというメーカー独自の技術で開発されました。
これにより、機器から発生した振動には方向性が生まれ、振動をスピーカーの下方へと素早く逃がすことができ、戻ることもありません。

貼り合わせなどに使われている金属は、音響的にも優れた素材ばかりなので、振動抑制だけでなく、高音質が実現していることも特筆すべきでしょう。
加えて、低音域の伸びの良さや力強さが増し、ボーカルは滑らかさが際立っています。

RSSを使用した人には、楽器ごとの音色がホールで聴いているかのようなリアル感があり、スタンドひとつで音が大きく変わることに驚きを禁じ得ませんでした。
また、支柱内部にはポリプロピレン粒子を充填しているため、空洞が存在せず、共振が抑制されていることも特徴でしょう。

シリーズには、基本仕様は同じで高さの異なる60HQ、90HQ、110HQなどがあります。
スピーカーの再生音をより美しくするAcoustic Reviveのスピーカースタンドは、求めているオーディオマニアも多いため需要が高く、これからも高値で取引されていくでしょう。

Acoustic Reviveの魅力

  • Acoustic Revive RSS-602の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Acoustic Revive RSS-600の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Acoustic Revive RSS-604の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Acoustic Revive RSS-502の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

Acoustic Revive 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑