あんしん売却。

日本の音響機器メーカーとして、神奈川県に本社を置くAccuphase(アキュフェーズ)。
洗練されたアンプなど質の高い商品を積極的に開発し、音楽愛好家に根強い人気を博す企業です。
名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
今回はそんなAccuphaseの魅力や真実に迫っていこうと思います。

Accuphaseは1972年に現JVCケンウッドであるトリオの創業者、春日二郎が神奈川県で設立した音響機器メーカーで、基本的に家庭用の高級オーディオと業務用のオーディオ機器を製造販売しており、比較的にハイエンドオーディオに特化しているのが特徴です。

そして製品は、全て本社工場で製造しており、ベルトコンベアに部品を乗せて流す単純なライン生産では無く、製造部門を各分野で設置し、小型の台車に部品などを乗せて回るセル生産方式を採用しています。

さらに、部品ごとで性能検査を行い、最終出荷検査は別部門が担当しています。
アフターサービスが整っているのもAccuphaseの魅力ですね。

アンプ類は5年、プレーヤーは3年間のメーカー保証がついています。
生産終了品に関してはパーツ類も全て可能な限りストックしているため、昔のモデルでもオリジナルパーツでの補修が可能です。

このようにユーザー重視の姿勢も、ファンを離さない理由の1つでしょう。

Accuphaseの魅力

  • プリメインアンプE-560の性能や音質は一体どんなものなのでしょうか。 試しに聴いてみました。 まずは外観、誰が見てもアキュフェーズとわかるデザイン。

  • ハイエンドオーディオに特化した本物主義。 デザインもこだわりも、創業当時から変わらない姿勢を貫く。

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

I[fBITEh
↑