LUXMANが最初に商品を発売したのは1925年です。
当時、世界ではラジオが主流だったこともあり、日本で初めてのラジオ解説書「錦水堂ラヂオブック」はベストセラー誌となりました。
そして1928年にはLUXMAN初のオーディオ、ハイファイラジオ「LUX-735」を発売したのです。

その後、海外の高品質なものを越える製品を開発しようと研究を進めていき、レコード再生機が発売開始となった際には戦後初となるフルアッセンブル・パワーアンプを販売しました。
日本初となるゲルマニウム・トランジスタを採用したフォノ・イコライザーアンプ「pz-11」を手がけるなど、数々の偉業を成し遂げてきたのです。

1975年にはLUXMANは50周年を迎え、M-6000ハイパワー・アンプは出力量の多さと音質のよさで海外でも高い評価を得ました。
その後も世界初のDCアンプ構成を採用するなど、国内だけでなく、海外でも知名度を上げていきます。

最近では、2001年に「SACD」や「DVDオーディオ」といった新しい音楽フォーマットを高音質に提供するというコンセプトで未知の領域に挑戦し、マニアから大きな支持を受けました。
このように、日本初、世界初の商品製作を試み、さらに未知の音楽領域にも挑戦し、オーディオメーカーとして成功を収めた会社といえるでしょう。

LUXMANの魅力

  • LUXMAN コントロールアンプ。 デザインもシンプルで洗礼されています。

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑